Varnam Yoga
- ヴァルナンヨガ -

国立・国分寺・聖蹟桜ヶ丘・八王子を中心としたヨガ教室です。「陰ヨガ」と「インドヨガ(ハタヨガ)」のクラスを開催中

ガンジス川の上流へ-ガンガーのスタート地点-

   

リシケーシから少し離れてガンガーの上流へ行って来ました。
道中、最初から最後までずっとクネクネしたハードな山道。いつ崖が崩れてくるかもわからない山道を行くこと車で5時間。(途中寄り道したので)

すぐ車酔いする私はしっかり酔い止めを飲んで行きました。(酷い時は3分で車酔いします。)
途中、朝食をとったりしてまず、川と川の合流地点、プライヤグを目指します。
よくわかんないけれど、途中シヴァさま発見。笑

まずはその川の合流地点、デヴプライヤグ。

インドでは川と川の合流地点(プライヤグ)は、聖地と言われています。


このテヴプライヤグは、
ガンゴートリから流れてくるバギラティ川(写真左)と、

バドリナートから流れてくるアーラカナンダ川(写真右)との合流地点で、
ここからガンジス川となり、ガンガーのスタート地点と言われています。
アーラカナンダ川(写真右)は、その更に上流で3つの合流地点を経てきているので川の色が少し濁っている、と言っていました。流れもバギラティ川(写真左)と比べるとゆっくりでした。

全然色が違うでしょ。すごいです。
ここからガンガーが始まるのね!
ここからコルカタまで旅をして、人々の様々な願いを乗せながらベンガル湾まで行くのね、、。壮大な旅だね。


合流地点の三角形のところに川に降りていける段々になっているガートがあって、そこでみなさんお祈りしています。

下まで降りて足だけ沐浴しました。

水が冷たくて気持ちいい!

 

水の側だから、風が涼しくて気持ちよかったです。

デヴプライヤグは、街になっていて、この川のすぐそばに学校もありました。狭いまっ暗いお部屋に小さな子どもたちがぎっしり、お勉強していました。

これからバギラティ川のさらに上流を目指します。

 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img_2389-1.jpg
歌って踊らないインド映画

最近みたDVDのインド映画。 これは歌って踊らないインド映画です。 なので?!ち …

IMG_6561-0.JPG
インドの飲み物

インドでの飲み物というと、真っ先に思い浮かぶのは、やっぱりチャイかなー。 ラッシ …

IMG_5238.JPG
『ある(有る)』方と、、『ない(無い)』方と・・・。

私が担当させて頂いているヨガのティーチャートレーニングコースも中盤を過ぎ、みなさ …

IMG_9901-0.jpg
ガンガービューのヨガホールで

アシュラムの朝は早い。 朝5時からサマディシュラインで瞑想から始まります。 マン …

IMG_7429-0.JPG
陰ヨガ・・・からの読書の時間

今日は国立での陰ヨガ教室。 みなさん先先週から引き続きご参加下さって、とても嬉し …