Varnam Yoga
- ヴァルナンヨガ -

国立・国分寺・聖蹟桜ヶ丘・八王子を中心としたヨガ教室です。「陰ヨガ」と「インドヨガ(ハタヨガ)」のクラスを開催中

ひとつの深い穴

      2016/11/25

自分が何をしたいのかを明確に知っていてその気持ちを強く持っているひとは、本当に強いなぁ、と思う。

みんな、それに出会うために色んな事をやってみたり、挑戦したりして、その時の自分が何をやりたいのか、どうなりたいのかを見つけていくのだと思うけれど、、
それに早く出会えれば、、そこに突き進むだけ。ものすごく大変だけど、ものすごく幸せだと思う。


  数年前、私に陰ヨガを教えてくれた、ある先生(外個人)の講義に出た時のノートを見返していて、こんな言葉が書いてあった。

陰ヨガを始めたからといって、他のスタイルのヨガを止める必要はない、でも教える立場として、10年経っても自分がどのスタイルのヨガを深めるかに迷い、あれこれ中途半端に色々やっていてはいけない。。あなたについている生徒さんが混乱する。。

ノートを開くたびに、 目に入ってくるその言葉。開くたびに、私は進むべき方向、深めるべきひとつの穴を深く掘り進めることができているかな?と考える。

なんでもできちゃう人が羨ましい時期もあった。
エアロビクスも教えて、ヨーガも教えて、ピラティス、アクアビクス、フラダンスも、、。どれも体をつかうものだから共通しているところはあるのだろうけれど、、、

私にはそれは無理だなと。。。ある時期、思った。。 

先日ヨーガの道を真摯に歩む素敵な大先輩達とランチ会をしていて、色んなお話しをた〜くさん聞いて本当に贅沢な時間をすごさせてもらったのだけど、その時の話の中で、
『穴』の話しがあって、
あっちも掘って、こっちも掘ってじゃなくて、やがては1つを深く最後まで掘らないとね。。。沢山穴を掘るのはいいけれど、どれも中途半端で、、いくつもいつくも浅い穴ばっかり掘っていてはね。。
っていう話しになって、

何年も前に聞いた陰ヨガのその先生の言葉を思い出した。その先生はひとつの深〜い穴を掘り続けている方でした。

ランチ会の後、いったん家に戻り、また仕事にでで夜遅くにレッスンから帰ったらこんなメッセージが届いていました。







あらゆる場所に水を求めて、井戸や淺い穴をいくつも掘ってはいけません。

一か所に深い穴を掘りなさい。

一つの井戸からたっぷりと水を飲みなさい。

複數の人や、複數の精神性の道に従うと、
混乱してジレンマに陥ります。
一つの意志は、一つのことをあなたに命じ、
別の意志はまた別の事をあなたに命じます。
全てに耳を傾け、一つに従いなさい。
全てを敬い、一つを崇拝しなさい。

by Sri Swami Sivananda 


 

 -

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

国立での今年最後の陰ヨガレッスン

年内最後の国立での陰ヨガレッスンでした。 国立ヨガ教室は今年の1月からスタートし …

与える神様

色んな方から素敵なものをいただきます。 わぁ!嬉しいなぁ♫ ありがたいなぁ。。感 …

リシケーシのマーケットでお買い物

お腹の調子もすっかり良くなりました。 でも、一度味わったあの辛さは、もう2度とご …

インドよりマーラ

8/25の特別ヨガクラスまであと少し、まだまだ準備を整えなければなと思っています …

本年もよろしくお願いします!

だいぶ遅くなりましたが… 本年もどうぞよろしくお願い致します。 相当 …